専業主婦OKのカードローンはとても便利!

突然の出費というのは、予想していないときに必要になるものです。
また、大きな出費が重なってしまう…なんてことも良くありますよね…

 

そんな時、あなたはどうしますか?

 

カードローン夫

 

 

  • 夫に相談したら、家計を守れないと言われそう…
  • 現役を引退した両親を頼るのは難しい…
  • 友人とお金の貸し借りはしたくない…

 

 

 

急にお金が必要になった時、そう簡単に解決はできませんよね。
そんな時の強い味方が、カードローンなのです!

 

カードローンは、現金を借りることができる、便利なサービスです。
クレジットカードが使えない場合や現金で支払わなければならない場合など、どうしても現金が必要な時に活躍します。

 

急な出費があったとしても、カードローンがあれば、すぐに現金を準備することが出来るので安心です♪
万が一の為の貯金も大切ですが、カードローンをひとつ作っておけば、より安心です!

専業主婦OKのカードローンがある!

専業主婦の人は収入がないですが、それでもカードローンは作れるのでしょうか?

 

消費者金融と呼ばれる貸金業者では、専業主婦の借り入れはほとんど断っています
それは、2010年に改正された総量規制により、専業主婦の借り入れには”夫の同意”と”夫の収入証明書”、”婚姻関係の証明書”が必要になったからです。
手続きの手間が増えるだけでなく、手続き内容が複雑になり、調査内容も増えてしまうので、実質的に専業主婦は消費者金融でお金を借りることはできなのです。

 

カードローン主婦

 

ただし、専業主婦もOKのカードローンがあります。
それは、銀行カードローンです!

 

銀行は、総量規制などを含む貸金業法ではなく、銀行法という法律に則って営業していますので、”お金を貸す”ということは同じですが、総量規制の対象外になるのです。
その為、専業主婦がお金を借りる場合でも、夫の同意や夫の証明書は一切なしでカードローンを申し込むことができます。
つまり、夫にも内緒でお金をかりられちゃうんです!

 

専業主婦はカードローンなんて作れない…と諦めず、銀行のカードローンを申し込んでみましょう!

専業主婦でカードローンが作れないときは?

専業主婦OKのカードローン!と言っても、誰もが審査を通過するわけではありません。

  • 他社でも借り入れ(カードローン・キャッシング)がある
  • リボ払いの支払いがある
  • 過去に滞納や自己破産をしている
  • 夫の収入が少ない

 

など、信用を損ねる要素があると、審査が通らず、カードローンを作れないときがあります。
クレジットカードやショッピングリボ、携帯電話の料金など、様々なお金のやり取りが、審査の対象になります。
カードローンを申し込む際は、支払に不備がないかよく確認しておきましょう!

 

カードローン審査

 

審査が通らないと、次回申し込む時に不利な情報となってしまいます。
銀行は消費者金融に比べて審査が少し厳しいので、万が一のことを考えて、2社同時に申し込むことをおすすめします!
※あまり多すぎてもよくありません。

 

利用を始めてからも、支払を遅延、滞納してしまったりすると、利用が出来なくなり、その後も新しカードローンを作れなくなってしまいます。
車のローンや住宅ローンを組むときにも影響しますので、利用の仕方も注意しましょう!

 

夫に内緒でお金を借りる